2015年06月09日

一日の終わりに…122 中国、南沙諸島埋め立て? 2015.06.09

今世界は中国の南沙諸島埋め立てで物議を醸しています。そこで私も世界地図を広げて、東南アジアの南シナ海域を眺めてみました。すると名に沙の字が付く群島(諸島)が合わせて四つある事が判りました。東沙群島、中沙群島、西沙群島、そして南沙群島。まあ、北が無いのが乙なところでしたがね…

そしてこの南シナ海の四方には五つの国が面している事が判りました。北に中国、東にフィリピン、西にベトナム、南にマレーシアとブルネイ。ところがこの南沙諸島に一番近いのはフィリピン、次にマレーシアとブルネイ、三番目がベトナムで、一番遠いのが中国。変ですよね、一番遠い中国が何で遠い南沙諸島の埋め立てをやっているの? これはもう他の四つの国に喧嘩を売っているのと同じですね。

無理が通れば道理引っ込む、中国さん、無理しなさんな! そんな事やってれば引っ込んだ道理が爆発をするよ!、アンタは何時か滅ぶよ! 
posted by 三上和伸 at 23:06| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする