2015年06月20日

一日の終わりに…126 河豚に喩えた安保関連法案 2015.05.20

内閣法制局長官が、安保関連法案の審議の答弁で、集団的自衛権の行使を河豚毒を持ち出して喩えたとか…。随分乱暴な話ですね。でもその心の内では、集団的自衛権行使をヤバいもの、毒のあるものと認識しているのですね。肝を食わなければ大丈夫と言っていますが、戦時のドサクサに紛れて毒を食わぬとも限りません。安倍さんを始めこの人たち、本当に集団的自衛権の事、完全に理解しているのですかね? 心許ない!
posted by 三上和伸 at 23:59| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする