2016年05月09日

一日の初めに… 快適を通り越して蒸し暑くなりました 2016.05.09

今、新聞買いとゴミ出しをしてして来たのですが、何時の間にやら辺りの空気が変わっているのに気が付きますね。清涼な軽い空気から暑く重い空気に変わり、一帯が澱んでいるように感じました。一寸あるくと汗ばみますし、肌はじっとりとしてきますね。今朝は未だ5月も半ばの朝なのに梅雨の走りのようで不快でしたね。

歩いていて目にする花も変わりました。藤や躑躅にハナミズキはもう疾うに咲き殻に…、目に付くのは庭や道端に蔓延る雑草ばかり…。チョイと見計らっても、黄のブタナ、ピンクのアカバナユウゲショウ、紫のニワゼキショウが目立ちます。それに花壇のシラン、これは何処の庭にも植えられていて、一際、その存在感を発揮しています。まあ、その隙間を埋めるように綾目(菖蒲・あやめ)も咲いていますがね。庭は紫色に覆い尽くされています。シランよりは菖蒲の方が涼しげですかね…。

たとい雑草であろうと名のある花であろうと、花を観ると暑苦しい心にも涼が訪れます。年々歳々、我等年配者は残念ながら暑さ寒さが苦手となります。風流を味方にして気候ストレスを凌ぎましょう!

あっ、鶯も鳴き出しました。心は尚も穏やかに涼し気に…、ありがとう…、初夏の風物たちよ。

posted by 三上和伸 at 09:05| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする