2016年09月01日

一日の終わりに… 台風12号、虎視眈々、九州に狙い定め! 2016.09.01

日本を取り巻く海、今年は可笑しな事になっています。今年は7月(台風1号は7月3日)になるまで台風は発生せず、台風の海水攪拌効果が無く、沖縄周辺の海は海水温が上がりました。従って沖縄の日本最大の珊瑚礁・石西礁湖に白化現象が起こり、24%の珊瑚が白化をし、死滅の恐れがあるそうです。沖縄の宝・珊瑚が由々しき事態を踏まえています。

しかしながら、1号発生の7月以降は、一転して、11個の台風が発生しています。しかもその発生位置が例年に無く可笑しなもので、日本のほんの庭先の海で発生しているのです。これはもう逸れる事は無くなり、全号が日本上陸またはかすめる事態に陥っています。発生したばかりの12号は九州を睨んで、沖縄の海を北上中です。

海水温30℃以上、これは日本の温暖化の鬼気迫る事態を予言しています。珊瑚は無くなり、台風大量発生、熱帯化に拍車が掛かり、毒生物や熱病が蔓延するかも知れません。ホント、ヤバい事になりそうです。
posted by 三上和伸 at 22:28| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする