2016年09月28日

私の歳時記 今日は七十二候の蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ) 2016.09.28

この私の歳時記では、二十四節気もあらかた書いてしまったので、ネタが少なくなりました。そこで考えました。そう季節の話題としては、七十二候があるじゃありませんか? 今回から七十二候の話題を提供しますね。

七十二候とは二十四節気の間を3分割(初候、次候、末候)したもので、5日毎に季節の変化を喩えたものです。立春の東風解凍(はるかぜこおりとく)が七十二の一番ですね。

今回の9月28日は、秋分の次候で47番となります。蟄虫坏戸は、虫が土中の掘った穴を塞ぐの意があり、虫も少なくなり、土に隠れてしまう候と解釈すれば良いのですね。蝉も殆どが死に絶えたようで、秋の虫が切なく鳴いている時期ですね。太陽の黄経は、185度です。
posted by 三上和伸 at 21:35| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする