2016年09月30日

雑記帳 小池外来語、ガバナンスにコンプライアンス… 2016.09.30

小池さんがやたら使っていた外来語は、ガバナンスにコンプライアンス、私は訳が分からず、腹が立って、先程思ってもいないブログを書いてしまいました。

それでも、何かを理解するためには、お勉強が大事、カタカナ新語辞典で調べてみました。ガバナンスは、管理、統治、管理方式など。コンプライアンスは、法令遵守や社会規範に反しないだそうです。

まあ、二つとも役所や企業で使われるビジネス用語なのですね。公務員やサラリーマンの間では常に使われている言葉ですね。私のような個人事業の職人にとっては、無縁の言葉。主婦や生徒に取っても、今のところ必要のない言葉ですね。

翻訳し難い言葉ですが、小池さん、貴女のお話を一生懸命聞いてる国民に対しては、せめて分かり易い日本語に言い換えて、お話してみては如何ですか? 人の上に立つ、日本のトップリーダーなんですから…
posted by 三上和伸 at 20:16| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする