2016年11月07日

私の歳時記 今日は立冬、七十二候は第55番立冬初候の山茶始開(つばきはじめてひらく) 2016.11.07

サザンカ(山茶花)
太陽の黄経が225°の日が二十四節気の立冬です。立冬、冬が立つですから、今日が冬の始まりですね。因みに七十二候では、第55番の立冬初候の山茶始開(つばきはじめてひらく)で、それは本来椿ではなく、山茶花(サザンカ)が咲き始める頃とされています。冬の始まりが山茶花(季語・冬)で、春酣(はるたけなわ)が椿(季語・春)なのですね。近所(若しくはご自宅)に植えられている山茶花をご覧になれば、咲き始めているのが判りますよね。横浜環状2号線の東戸塚駅辺りの山茶花並木は、チラホラと花が見出せます。

本家の中国の第55番の七十二候は、違っていましたね。水始氷(水が凍り始める)で、早くも氷、やはり、中国の方が、寒地性の傾向が強いですね。山茶(椿)のつの字もありませんね。



posted by 三上和伸 at 17:23| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする