2016年11月10日

雑記帳… シッチャカメッチャカのトランプ、米大統領に… 2016.11.10

今のアメリカの病根が浮き彫りにされた大統領選でしたね。今後アメリカがどうなるか解らない、不確定な時代に入ったようです。世界の国々に困惑が広がっています。

アメリカは病んでいますね。持つ者と持たざる者、その格差の不幸が今回の結果を導いたと思います。貧乏で持たざる者は、貧困を恐れていますし、持つ者は、財を失う恐怖を抱いています。

持っても持たなくても、本当の幸福はそんな富の問題ではない事を、人々は忘れています。美人のカミさんを侍らし、ニューヨークのビルの最上階から街を睥睨するとしても、ホントにこの人は幸せなのでしょうか? 常に金儲けの事ばかりに追い捲られ、片時も気を休める暇など持てないのではないですかね…、一生働き蜂で…、命を危険に晒して、大統領にもなって…。

貧乏にしろ金満にしろ、それぞれが杞憂に苛んで、不孝になっているのです。貧富の差は幸福の差ではないのですよ。人間の幸せを考える事です。

アメリカ国民よ、もっと大人になりましょう。
posted by 三上和伸 at 21:53| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする