2016年11月11日

雑記帳… ナメゴ谷、また未知との遭遇…、絶景なり! 2016.11.11

今朝見た朝日デジタル提供のヤフーネットニュースの写真、正に衝撃を受けました。あの下栗の里以来の驚愕の風景で、それは奈良県上北山村のナメゴ谷の紅葉の景色でした。針葉樹の緑の山腹に映える紅葉の山稜(尾根筋)、昇り龍を具現した天へ蛇行した紅葉の帯、正に絶景でした。この天上の木々は山桜が多いと言われています。するとどうでしょう、春はピンクの昇り龍が観えると言うものです。今私は、この地を心深くに留めておきます。何れ必ずや見参致しましょう。待っていておくれ!

ここは紀伊半島東部の釈迦が岳の麓、林業に関わる寒村の集落ですが、故に自然(落葉の原生林)と人工(林業生産の針葉樹)が程よく溶け合ったパラダイスと言えます。伊勢神宮、熊野古道も近く、パンダのアドベンチャーワールドも一投足の距離です。春か秋、行きましょう、鬼が嗤うけど…

posted by 三上和伸 at 15:00| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする