2016年11月13日

雑記帳… のん(能年玲奈)干され騒動、”この世界の片隅に”、負けるな三上ここにあり! 2016.11.13

昨日付の朝日新聞の30面の全面に、のんが声優で主演しているアニメ映画”この世界の片隅に”の広告が載っていました。同時に試写を観られた各氏の短評も載せられていました。各氏、絶賛の論調で、水道橋博士なる漫才師は、のんこと能年玲奈の声優としての演技を高く評価していました。

どういう経緯か、何方に否があるのか定かではありませんが、干されて演じる事が出来ない何て、正気の沙汰ではありません。才能を発揮させないのは、浮世の傲慢です。あのエネオスや簡保の清新な輝かしい女優を腐らせておく訳にはいかないでしょう。のんは全ての人に見詰められなければなりません。魅力あるものはその姿を晒さなくていけません。運命に負けずに、天命を全うしなければならないのです。
posted by 三上和伸 at 17:16| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする