2017年03月18日

一日の初めに… 暑さ寒さも彼岸まで 2017.03.18

藪椿
公園の藪椿
暑さ寒さも彼岸までの慣用句は、概ね正しい季節感を表していますね。立春・立秋からひと月半位が人間にとって過ごし易い気候となるのですね。漸く暖房器具に頼らずに何か事に励める季節となりました。今冬の寒さは私にとって堪えました。ブログ書きも儘なりませんでした。暖房の効いた部屋でお茶を飲んだりテレビを観たり、カウチポテト(ポテトチップを食べながらのテレビ鑑賞)全開?でした。何しろWBCが熱戦を繰り広げていましたからね。これを観ずして何を観る、国際試合、イケませんがナショナリズムの血が湧き立ちますね。

但し、私はこの体たらく中で、数年溜め込んだ写真の整理をして、アルバム作りをしたのですよ。旅行とグルメ、そしてNちゃんYちゃんの写真が大半でしたがね。分厚いアルバムが3冊出来上がりました。旅行とグルメの写真の中には、ブログに書き損じた事柄が数多残存していましたので、これから旅の思い出として、ライブドアブログの方に書き足して行きますね。

今日の土曜日は、音楽会に行って来ます。再びの東京オペラシティ―で、ブラームスとベートーヴェンの作品を鑑賞して来ます。マチネ―コンサート(夜でない午後のコンサート)なので、夜汽車?の心配なく、今の季節では明るい内に帰宅できますね。

ブラームスは滅多にやられない変わった演目で、シェーンベルク編曲によるオーケストラ版ピアノ四重奏第1番ト短調op25です。これは聴きものです。ベートーヴェンは皇帝ピアノコンチェルトです。楽しみです。
posted by 三上和伸 at 08:44| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする