2017年04月02日

一日の初めに…続 羽生記者会見で大口?意欲満々! 2017.04.02

複数種の4回転ジャンプを何回も飛ぶ、男子フィギュアスケートは大変な時代に突入しました。世界選手権で優勝した羽生結弦は、試合後の記者会見で、4回転アクセルと5回転も視野に入れていると大口を叩いていたそうです。その向上心は大したもので、この向上心の差が今回の世界選手権でのフェルナンデスとの差となったようでした。

羽生はオーサーコーチと意思の合わない事があるとの事、一方のフェルナンデスはオーサーコーチの言いなりだとか。今回は羽生の意思が勝り、結果オーライとなりました。羽生の意思がオーサーコーチの所信に優ったようでした。羽生は誰よりも未来を見詰めているようです。4回転アクセル、あわよくば5回転、出来るかできないかは分かりませんが、そこまで考えている羽生は只者ではありませんね。
posted by 三上和伸 at 08:35| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする