2017年04月17日

私の歳時記 今日は春の土用の入り、新緑の頃 2017.04.17

コナラ(小楢)の新緑
土用とは立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を言うそうで、その最初の日を土用の入りと言うそうです。一般には夏の土用が有名で、土用波、土用鰻、土用干し、土用休みなどの言葉はみな夏の土用を指して言う言葉です。

土用(土旺用事の略)とは陰陽五行説で、木・火・金・水を春夏秋冬に当て嵌め、余った土を次の各季節前の18日間(72日の1/4ずつ)に限って当て嵌めたものだそうです。

そして土用に因む食べ物が興味を啜られますよね。夏の土用と同じように、各春夏秋冬の土用の食べ物があるそうです。春の土用は戌(いぬ)の日にイの付く食べ物(いわし、しらうお、いか、いちご)や白い食べ物(大根、蓮根、里芋、山芋)が良いらしいのですってね。この季節は5月病などの気の病が多いので、あっさりとした水分の多い食べ物が良いらしいですね。

因みに春夏秋冬の土用の食べ物を紹介します。十二支については理論があり、説明は割愛します。

春土用 戌の日にイが付く食べ物、白い食べ物(参考、風水の白虎)。いわし、いか

夏土用 丑の日にウが付く食べ物、黒い食べ物(玄武)。うなぎ、うし

秋土用 辰の日にタが付く食べ物、青い食べ物(青龍)。青魚のさんま、さば

冬土用 未の日にヒが付く食べ物、赤い食べ物(朱雀)。たい、まぐろ、きんめ、たこ
posted by 三上和伸 at 16:34| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする