2017年04月19日

新・星空ウォッチング…直径650mの小惑星地球接近 2017.04.19

直径が650mもある小惑星が今地球に接近しているそうです。地球から180万kmの距離まで接近すると言う、月までの距離の4.6倍だそうですが、恐ろしく近い距離と言う事が出来るそうです。NASAの発表では地球衝突は無く、直接的な影響は無いそうです。

火星と木星の間には無数の小惑星(岩石の塊)が存在し、地球を始めとした惑星と同様に太陽の周りを公転しています。また地球に近い距離でも小惑星は存在しており、その内の幾つかは最接近を繰り返しています。限りなく杞憂に近いと思われますが、私は小惑星地球衝突に恐れを抱いています。あのユカタン半島(メキシコ)に落下した隕石(小惑星)が恐竜を滅ぼしたと言う説もあるくらいですからね。近未来に人類が滅ぶとしたら、その原因は核戦争か小惑星落下か? どちらも私は杞憂します?
posted by 三上和伸 at 21:54| 新・星空ウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする