2017年04月20日

私の歳時記 今日は穀雨、春の最後の節気 2017.04.20

穀雨は立春から6番目の二十四節気。立春から始まった春の季節の最後の節気です。次は立夏ですからね。太陽の黄経が30度の時で、春雨が降って百穀を潤すの意があります。これから多くの穀物の苗を育てる雨を言うのですね。

七十二候は立春から16番目の葭始生、あしはじめてしょうずで、葭(葦)が芽を吹き始めるの意味があります。葦はこの時期芽を吹き始めて夏の終わりまで旺盛に生育し、秋に紫を帯びた穂を出します。

因みに葦の季語は、青葭ですと夏、枯れ葭ですと冬となります。秋の季語には葦の穂絮(ほわた)があります。綿の代用として使うそうです。
posted by 三上和伸 at 21:43| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする