2017年05月15日

雑記帳…石西礁湖サンゴ産卵 2017.05.15

70%のサンゴが死滅したと言われる日本最大のサンゴ礁群・石西礁湖(せきせいしょうこ)、それでもその生き残ったサンゴ達が数日前から産卵を始めたそうです。サンゴ死滅の原因は海水温上昇、温暖化の影響と思われ、昨年の沖縄近海は高気圧が居座り、高温が続いていました。あのグレートバリアリーフにしても大きな被害を出している海水温の高温化、トランプが地球温暖化は未知数と述べているような世界情勢、珊瑚にとっては厳しい時代になりました。ホーキング博士が言っていましたよね。「人類は地球を捨て、新しい星に移住しなくてはならない。何故なら地球高温化で人類が地球に住めなくなるから…」。珊瑚の最期は人類の最期?

だからこそ余計に、今回の石西礁湖のサンゴ産卵は明るいニュースですね。温暖化を食い止め、碧い海に白い砂の珊瑚礁を増やしたいですね。蝶々魚や縦縞巾着鯛、隠れクマノミが浮遊する海、好いですね!

*石西礁湖=沖縄先島諸島の八重山列島にある石垣島と西表島の間にある浅い珊瑚礁の海域、日本一大きな珊瑚礁と言われている。干潮時には島が現れ、そこまで歩いて渡れるそう…

posted by 三上和伸 at 18:39| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする