2017年07月06日

一日の終わりに…恐ろしい被災地の影像 2017.07.06

今の横浜は素晴らしい月夜です。十三夜の月ですね。久しぶりに美しい月を仰ぎました。それでも九州の豪雨は半端なものでなかったですね。兎に角被災地の影像に私は息を飲みました。濁流、崖崩れ、そして人家の周辺に横たわる大木。しかもその大木は凄い勢いで流されて来たのでしょう。全ての木が根ごと毟り取られ、擦られて表皮が剥けてツルツルの白木となっていたのでした。こんな光景、今までに見た事が無い映像でした。心よりお悔やみを申し上げます。
posted by 三上和伸 at 22:47| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする