2017年08月10日

新・生き物大好き…子燕巣立ち、けれど巣に戻っている 2017.08.10

商店街に接骨院があるのでここの所、毎日ツバメの巣を観察しています。どうやら小燕は三羽いることが判り、接骨院治療前は一羽が巣にいたのですが、接骨院治療後は巣には三羽いる事が確認されました。三羽仲良く並んでいました。恐らくもう親鳥は離れていないようです。三羽の子燕は昼間は巣から離れて自力で餌を獲っているようです。そして夜(夕方)になると巣に戻って寝ているようです。もう暫くすると本当に独り立ちして戻ってこなくなります。秋遅く、仲間と示し合わせ南方へ旅に出るのです。

子燕が完全にいなくなったら、もしまだ時間があるなら、もう一度ここで巣作りをした夫婦は卵を産んで、今年2回目の繁殖を行うでしょう。また暫くしたら観に行って確かめて来ますね。
posted by 三上和伸 at 20:38| 新・生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする