2017年08月15日

私の歳時記 終戦記念日、河野洋平の言葉が胸に染む 2017.08.15

今日は月遅れの盆、そして終戦記念日、兎にも角にも大変な一日ですね。日本の一番重要な日。そんな中、神奈川新聞に掲載された河野洋平氏の言葉が身に染みました。

戦争を回避するには話し合いの外交努力以外に方法は無い、政治とは戦争をしない事と述べ、安倍首相とは真逆の考え方ですね。少し昔はこう言う考え方を支持した人が大勢いました。ところが今はアメリカ追随の戦争礼賛に傾いていますよね。安倍さん、傾いていますね。国民に寄り添わず、自分のやりたい事をする政権、国民の希望と期待にかけ離れた政治が行われている、と論破しています。国民が不幸とも述べています。私もそう思います。

中国・韓国・北朝鮮、私もこれらの国は好きではないですが、百歩譲ってこれらの国と仲良くして行かなければなりません。これが日本の戦争をしない平和の原点であると思われます。


posted by 三上和伸 at 21:13| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする