2017年08月17日

雑記帳…ノーベル賞のマララさん、英オックスフォード大合格 2017.08.17

2014年のノーベル平和賞受賞の女性教育活動家のマララ・ユスフザイさんが、イギリスの名門校・オックスフォード大学に合格されたそうです。専攻は哲学・政治学・経済学(PPE)で、これは名門中の名門であると言う事です。

女性の教育の重要性を問うマララさんは、女性の学校を作ったりして活動を活発化させています。私が信じている人間の知的DNAは母親からの遺伝によるものと言う考えを、マララさんは自らの行動で証明して見せています。女性蔑視が強いアラブ世界で、女性の教育により、優れたDNAを残そうとする活動、それは正に理に適っています。マララさんが望むようにパキスタンの首相になれば、きっとパキスタンはアラブの先進国となるでしょう。優れた人財の宝庫となるでしょう。
posted by 三上和伸 at 21:00| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする