2017年08月21日

雑記帳…マダニ、今度はチーターが被害 2017.08.21

マダニ亜目の大型吸血性ダニ、体長2〜8mm、吸血後は最大2cmまで膨張するそうです。山羊・牛・馬・犬などの家畜や野獣に寄生し、時には人間をも吸血、長時間皮膚に固着するそうです。参考=広辞苑

このマダニの恐ろしいところはSFTSウィルスを媒介することで、このウィルスの感染により死に至る場合もあるようです。今回は広島県にある動物園で飼育されているチーターの感染で、2頭が死んだとの事です。

マダニ、何んとも恐ろしい生物で、寄生されるのは陰部付近で、全く痛みが無く、大量の血を吸われるそうです。一度寄生されると、そこは取り外す事が困難で、病院での治療が必要との事です。

刺されれば簡単に取れなく、あわよくばSFTSウィルスに感染、命まで取られるマダニ、このマダニは山の草原の何処にでもいるそうで、完全防備で山に入らなければ、何れ寄生されてしまうとの事。何ともえげつない生き物ですね。私なんぞ、もう公園の叢にも入りたくないですね。
posted by 三上和伸 at 20:09| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする