2017年10月07日

花の言葉…杜鵑草(ホトトギス) 2017.10.07

ホトトギス
秋の野にひっそりと咲いているのがホトトギス。花に興味を持たない人の目には映らない花。少しでも花に意識を持って秋の野に出れば、見付かる可能性は増します。大抵古い土手や法面に姿を見せています。そこにあるけど見付からない花、地面に溶けていますが、紫の斑点に気付けば〆たもの、久方振りの回合に懐かしみが湧いてきます。

花言葉は素晴らしいの一言です。「永遠にあなたのもの」、夫婦、恋人には打って付けの言葉ですね。秋の一時、この花茎を手折ってそっと愛しい人の机に挿せば、最高の愛のメッセージになります。オマケにもう一つの花言葉「秘めた意思」の意味を持たせば、それは不屈の愛の誓いとなります。「永遠の若さ」を保つ秘訣でもありますかしらね。
posted by 三上和伸 at 14:26| 花の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする