2018年06月03日

雑記帳 利尻島ヒグマ上陸?怖いですね 2018.06.03

北海道北部の利尻島に106年ぶりでヒグマが海を渡ったそうです。本土のサロベツ原野からは最短で19kmある利尻島は、ヒグマが生息しないとされており、驚きですね。島の住民や観光客は戦々恐々としていることでしょうね。

サロベツ原野や利尻・礼文は私の行ってみたいところの10傑に入っています。稚内から天塩まで日本海沿岸を道が一本通っています。それが日本海オロロンラインで、どうしても走りたい道、強く憧れています。そこは利尻・礼文の展望台、そしてサロベツ原野・原生花園の入り口でもあるのです。原生花園はハマナスやチシマカンゾウが咲き乱れます。あ〜行きたい、これからの季節(梅雨の時期)、利尻富士、礼文の高山植物が最高の季節です。

日本海オロロンライン=ウミスズメ科のウミガラスをオロロン鳥と言うのです。ウミガラスはの海鳥ですね。国内希少野生動植物種に指定された貴重な鳥です。そのウミガラス=オロロンの名を冠した道路、一直線の日本海岸道路ですからね。好いですね。
posted by 三上和伸 at 14:41| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする