2018年06月12日

新・野の花… ガクアジサイ 江ノ島 2018.06.09

ガクアジサイ ガクアジサイ
ガクアジサイ(原種) ユキノシタ科 アジサイ属
先日、紫陽花を目当てに鎌倉の幾つかの名所を訪れました。長谷寺、御霊神社、成就院、そして江ノ島。江ノ島は生シラスを食べるのが目的で訪ねたのですが、島内は紫陽花で溢れていました。江之島亭までの縁道には普通の紫陽花が占め、その上の斜面にはこのガクアジサイ(額紫陽花)が時を同じくして咲いていました。このガクアジサイは昔からここにある自生(野生)の紫陽花で、暖地の海岸の斜面に生育している紫陽花です。額縁に見立てられるのが4~5枚の萼片からなる装飾花(中性化・退化した結実しない花)で虫を誘います。中心にあるのが両性花で、ここで主に交配をしています。正に日本の梅雨は紫陽花の花ですね。あのシーボルトも愛して日本のローズと称してヨーロッパに紹介しています。紫陽花の仮の名・オタクサはシーボルトの日本人妻・お滝に因んだ名だそうです。


posted by 三上和伸 at 20:30| 新・野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする