2018年06月22日

伊豆東海漫歩3 弓ヶ浜 神子元島(みこもとしま) 2018.06.17

宿から数分のところに弓ヶ浜はあるのですが、ここは白砂青松の美しい海岸です。周囲を黒松が囲み、浜は広く白い砂が敷き詰められています。海水浴場としても名高いですね。伊豆東海岸には名立たる海水浴場が目白押しですが、今井浜や白浜海岸と並ぶ優れた海水浴場です。私には、あのハワイのカイルア・ビーチを思い起こすほどの美しい衝撃でした。

盥岬から続く岩礁帯 弓ヶ浜 弁財天岬
盥岬の岩礁帯     弓ヶ浜、向いが弁財天岬  弁財天岬の岩礁
ここは手石湾と名す小さな湾、湾口には弁財天岬と盥岬(たらいみさき)が湾を囲み、海と山と岩礁が織りなす景勝地です。古くから風待ちの港とて活用されてきました。そして更なる美点は、ここからは特筆すべき景観が得られます。それは湾を突き抜けた遥か太平洋上にある無人島です。静岡県最南端の地で、あの御前崎より南にあります。

神子元島
神子本島(みこもとしま)
太平洋上に浮かぶ無人島、でも周囲は岩礁帯の根が多く、船の航行に危険が伴うようで、この無人島に無人の灯台が設置されたとの事。石廊崎からは東南東に9キロメートル先にあり、面積は0.1平方キロメートル、最長部が400メートル、標高は32メートルだそうです。始めは伊豆半島の一部だったそうでうすが、沈下のため周囲が海中に没し、この島と数多ある周囲の根だけを残したのだそうです。

大物釣りの穴場(漁師に頼んで渡して貰う)で、マグロやカンパチが釣れるそうです。また世界的なダイビングの名所で、シュモクザメの大群を観ることができる他、ザトウクジラやマッコウクジラの姿も観られるそうです。そして島から天を突き上げる神子本島灯台は世界歴史的灯台百選にも選ばれています。初点灯は明治3年11月11日だそうです。石造り(伊豆石使用)灯台としては日本最古だそうです。

ネットで調べましたが、そこには素晴らしい写真が掲載されていました。好いですね絶海の孤島、そして歴史的灯台、ウットリしました。

posted by 三上和伸 at 11:19| 伊豆・東海漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする