2018年07月11日

私の歳時記 今日は世界人口デー 2018.07.11

今日の7月11日は世界人口デー、世界の人口問題への意識を高める日だそうです。人口激増により、世界の人口総数は73億人となっています。人口が増えれば増える程、食料が足りなくなります。それで耕作面積を増やすため、森林伐採や湿地並びに護岸埋め立てが行われ自然破壊が顕著化するのです。そして貴重生物が追い遣られ、絶滅化を促進しているのです。地球は人間のためだけにある星ではありません。ゾウやキリンにゴリラやサイ、トラやパンダにオオカミ・カワウソの哺乳類、アホウドリやペリカンにタンチョウ・ペンギンの鳥類、チョウやガ、ホタルにトンボ、セミやカブトムシの昆虫、そしてマグロをはじめとした魚介類、多くの種が人間の横暴のために絶滅に瀕しているのです。

日本の人口減少を悲観し、右往左往して、醜態を演じている保守派の政治家がいますが、これは時代に逆行しています。地球生物のためには、人は減れば良いのです。今の半分の40億人位になれば丁度好いですね。日本は6,000万人位ですかね。余った土地は植林をし、ビオトープを造るのです。世界の巨大人口国よ、日本を見習いましょう。

@中国(138,382万人)、Aインド(131,105万人)、Bアメリカ(32,177万人)、Cインドネシア(25,756万人)、Dブラジル(20,784万人)、Eパキスタン(18,892万人)、Fナイジェリア(18,220万人)、Gバングラデシュ(16,009万人)、Hロシア(14,345万人)、Iメキシコ(12,701万人)の皆さん、今日から子沢山は止めましょう。一夫婦2〜3人にしましょう。

因みに日本はJ12,057万人。一夫婦子供二人まで及ばず、これからは減る一方です。でもこれが何時かは日本の長所となる日が来るでしょう。森林面積を80%に上げ、食料自給率を100%にし、自然の中で悠々と過ごしましょう。
posted by 三上和伸 at 14:14| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする