2018年08月18日

私の歳時記 今日は水無月の上弦🌓、太閤忌に伝教大師誕生会 2018.08.18

今日は旧暦水無月の八で上弦🌓(上旬の弦月、16:49)、半月の一日です。月は昼頃に出て、真夜中に沈みます。太陽が出ていても白い月として観えています。夕方以降はハッキリとして、鮮やかに輝きます。宵の口に南中しますので、どこの家庭でも覗けます。

太閤忌は太閤秀吉が死んだ忌日、八月十八日ですが、これは旧暦の月日の天正十一年の八月十八日で、西暦に直すと1598年の9月18日です。天下人となった秀吉ですが、私は好きではありませんね。妻がありながら信長の姪の淀君を妾にし、実子の秀頼が生れたことにより、養子の秀次一家を皆殺しにする、最低の男ですね。家康に乗っ取られるのも当たり前です。馬鹿ですね、こんな男に味方した真田幸村は、残念なことです。

日本の仏教の宗祖の一人となった伝教大師・最澄(平安初期の僧)が生まれたのが、この八月十八日です。西暦に直すと、767年の9月15日です。空海と共に日本の仏教発展に最大限の力を発揮した人でした。空海の下野に降りて活動する行動派に比べ、最澄は山(比叡山)に籠って修行をする論理派でした。多くの高僧を育て配した天台宗の開祖でした。
posted by 三上和伸 at 13:02| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする