2018年08月24日

一日の終わりに 日常に戻る 2018.08.24

台風崩れの低気圧が北日本にかかり、これから大雨が降りそうで心配されますが、我らの横浜は、漸く落ち着きが生れています。未だ南寄りの風は強く野分の残骸が感じられますが、雨の心配は無くなり、秋の虫が鳴き始めています。アオマツムシ、ツヅレサセコオロギが絶え間なく鳴き続けています。何時もの近代埴生の宿の日常が復活しています。私もホッと一息、ひたすら虫の音に耳を傾けています。好いですね、虫集く夜、さあ、風呂に入って、虫の音の褥で物思いに耽りますかね。大好きな時間です。
posted by 三上和伸 at 22:45| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする