2018年09月09日

私の歳時記 今日は重用の節句 2018.09.09

日本には五節句があり、それぞれ奇数の月と奇数の日が重なっています。これを合わせば偶数になり、奇数を陽、偶数を陰とした昔の考えでは、この奇数と奇数を加えた日は縁起の悪いものになります。そこで季節の食物を供えそして食べ、邪気を祓う節句として、縁起を克服しようとしたのです。人日の節句・七草の節句(1月7日、七草粥)、上巳の節句・桃の節句(3月3日、ちらし寿司、蛤吸い物、雛あられ菱餅)、端午の節句・菖蒲の節句(5月5日、ちまき、柏餅)、七夕(しちせき)の節句・笹の節句(7月7日、素麺)。

そして重陽の節句・菊の節句ですね。最大奇数の9が並んでいますので、目出度いとも言われますが、陽の気が強すぎるとも言われ、特に不吉と考える地方もあったそうです。現代では大人の節句として、桃の節句と同じように、お雛様を飾る習慣が始まっているそうです。お父さんのためには兜や鯉幟を飾るのも好いですね。食べ物は何と言っても栗ご飯、そして秋茄子だそうです。茄子の味噌炒め✊グー。

posted by 三上和伸 at 11:46| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする