2018年09月10日

私の歳時記 旧葉月の朔(旧八朔) 2018.09.10 

ベランダ園芸の稲
我が家のベランダ園芸の稲
遂に初秋・水無月と岐れて中秋の葉月になりました。今日は旧八朔、農家にとっては目出度い田の実の節句で、この日を祝って、初穂を近親に贈る習慣もありました。これは室町時代に始まった風習で、次第に記念日のようになり、後の徳川家康は天正18年8月1日(西暦1590年8月30日)に、公式に江戸城に入場したそうで、江戸幕府は正月に次ぐ大切な日と定めたそうです。

我が家のベランダ園芸イネ、深く頭を垂れて稔っています。このイネはNちゃん幼少の頃に育てた日向薬師の田圃のイネの末流です。毎年妻が収穫をし、食べないで正月飾りに利用しています。その飾りの実をタネ蒔きして育てたものです。


posted by 三上和伸 at 16:06| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする