2018年10月06日

北海道漫歩4 花ごころの海鮮料理 2018.09.20

小樽地ビール・小樽倉庫bP 小樽地ビール小樽倉庫bPイベントバンド
旅すれば、可笑しな場面に出くわす事も度々あります。ナイトクルージングで知った運河倉庫の地ビール園(小樽倉庫bP)で、¥1000飲み放題のイベントが行われていました。それを知った妻はもう行く気満々、私もドイツ料理で腹を満たすのも悪くないとここを訪ねたのでありました。しかし魅力のあるものには裏があります。訳も分からずチケットを買ったまでは良かったのですが、ビールを注いで貰うまでに長蛇の列、席は完全に満席、これではビールを注いでもらっても立ち飲みするしかありません。私たちはやっとそのヤバい混雑のカラクリに気が付き、チケット代を払い戻させました。皆が飲んでる旨そうな地ビール、さぞかし妻は残念至極であった事でしょう。

花ごころ小樽店(旧安田銀行小樽支店) 旧安田銀行小樽支店
気を取り直して、初め候補に挙げていた素敵な海鮮処に仕切り直しをしました。この店は小樽市指定建造物で、嘗ては安田銀行小樽支店でした小樽を代表する建造物の中にあります。戦前が安田銀行、戦後は富士銀行が入り、その後は新聞社の社屋になりましたが、近年はこの花ごころが海鮮の食事処を商っています。ギリシャ様式の建築物の中で海鮮料理、安価ながら高品質の美味しいお店でした。

花ごころのお摘みセット
海鮮や特産品の色々
ハムやチーズにローストビーフ、イクラに烏賊の塩辛、旬の香の物などが並んでいました。妻はこれを肴にチビリチビリ、数種?のアルコールを楽しんでいました。

花ごころの握り寿司 花ごころの天婦羅
私はこちら、8貫の寿司に海老や野菜の天婦羅。上品な姿と風味、北海道最初の晩餐、堪能しました。
posted by 三上和伸 at 21:27| 北海道漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする