2018年10月07日

北海道漫歩6 小樽の歴史的建造物・倉庫群 2018.09.20-21

明治・大正・昭和期の小樽は、北海道の玄関口として栄えます。開拓地入植の入り口として人が行き交い、膨大な量となった石炭や農作物に海産物の出入で、海運が盛んとなりました。やがて手狭になった小樽港の効率化に伴い、運河、そして運河を囲む倉庫群が建てられました。今日海運は下火となりましたが、残された運河と倉庫群の遺構が大きな観光資源となり、小樽は再び栄えています。

旧小樽倉庫・運河プラザ 鯱(シャチホコ)
現在はお土産屋などがある運河プラザと、小樽市博物館に使用されています。屋根にはシャチホコ(鯱)が飾られ、航行の安全の象徴とされています。

小樽運河bP・澁澤倉庫
地ビールのビアホールなどに改築された倉庫、蔦が絡まり秋には紅葉し美しい、正に小樽運河の象徴と言えます。

急渋沢倉庫跡のゴールドストーン 倉庫ライブハウス・ゴールドストーン
倉庫ライブハウス・ゴールドストーン・旧澁澤倉庫
倉庫がライブハウスに変身したのです。本格的な音響設備を整えて生れ変わりました。これは画期的な建物です。中にはカフェもあり、お洒落なライブハウスです。

DSCF9042[1].JPG DSCF9044[1].JPG
旧右近倉庫
明治20年に完成した倉庫、柱や梁は木造、壁が石造、大きな倉庫です。

倉庫の屋根と十一屋の月
倉庫の屋根上に昇った十一夜の月、北の倉庫街に詩情が溢れます。



posted by 三上和伸 at 21:49| 北海道漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする