2018年10月17日

一日の初めに 第3の南極犬❝リキ❞がいた 2018.10.17

数年前にテレビで鑑賞して感動をした「南極物語」、オーロラのシーンが何とも素晴らしかったのですが、もう一つの注目は樺太犬の事でした。

生き残ったタロとジロ、それでもタロとジロは幼かったのだそうです。おいてけぼりを食った後、鎖を切って生き延びたのはタロとジロだけでは無かったようです。幼いタロとジロを世話したのが、最年長のリキだったそうです。リキは鎖を切り、獲物を仕留めてはタロとジロに与えていたようです。その僅かの間にタロとジロは一気に成長し、1年後まで生き残る事が出来たのだそうです。生きる力、凄いですね。

参考:西日本新聞ネットニュース
posted by 三上和伸 at 08:11| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする