2018年10月26日

伊豆東海漫歩17 寸又峡ハイキング@ カジカ沢、山葵蕎麦 2018.10.25

千頭からは県道77号線、やはりかなりのワインディングロード(曲がりくねった山岳道路)、時々すれ違いがあり、今度はトラックではなく観光バス、こちらは更に大きいですからね。大変でした。ヘッドライトを点け、慎重に運転しました、今度は私が…。

そして77号のどん詰まり寸又峡温泉に着きました。車を駐車場に入れてハイキング、夢の吊り橋を目指して歩き始めました。直ぐに温泉街らしい橋がありました。温泉は流れていないようですが、このコンクリート造りの沢、それなりの風情がありました。そして昼食、この日は予めの当たり付きは無く、行き当たりバッタリの店選びでした。

寸又峡温泉は湯宿が7〜8軒、カフェ及び食事処が数軒、ホンの小さな温泉郷でした。長閑で好いですね。

カジカ沢 手造りの店・さとうのワサビ蕎麦
カジカ沢に架かる橋  山葵蕎麦
カジカ沢橋の行くて先にあったのが、「手造りの店・さとう」、口八丁のおかあさんと、調理担当のおとうさんがやっているお店。食べ物屋兼土産物屋ですね。冷やし蕎麦ではこの山葵蕎麦しか無く、私はこれを選びました。妻は温かいとろろ蕎麦でした。どちらも¥800ぐらいでした。

山葵蕎麦、入っているのは蕎麦と汁以外は全て山葵なのだそうですよ。山葵の葉と茎、そして擦り卸した山葵がこれでもか!と入っている代物でした。私がおかあさんに「辛くないの?」、おかあさん「甘いのですよ、好い山葵は甘いの!」ですって。「旨い!」、黒い蕎麦と山葵の風味、逸品でした。好物の蒟蒻の田楽も食べたのですよ。「美味しい!」、お土産に蒟蒻3袋(¥1,000)買って帰りました。重かった…


posted by 三上和伸 at 21:59| 伊豆・東海漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする