2018年11月07日

北海道漫歩終章 笑顔で「お疲れさま」 2018.09.25

帰路の日航機
JALの羽田行き便、3人のキャビンアテンダントがいました。一人が若く可愛い愛嬌のある顔の人、もう一人は冷静な顔色を変えない人、そして更にもう一人は、キャスターの伊藤聡子似の優しい人。私は、伊藤聡子さんが大好きなので、もう居ても立っても居られないほど有頂天でした。ジュースをくれたり、コーヒーをくれたり、その都度に柔らかい微笑み、私はもう蕩けていました。時々笑顔で見詰め合い、お互い満更でもない様子を見せたり、私の視線を少し意識してくれたり、幸せな1時間を過ごしました。帰り際、振り返って彼女を見ると、微笑んで「お疲れさまでした」、私も「お疲れさま…」、私の愛が通じた瞬間でした。
posted by 三上和伸 at 22:58| 北海道漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする