2018年12月08日

日本の景色 結婚式の行列 鶴岡八幡宮 2018.12.07

鶴岡八幡宮に入った途端、何やら境内の参道の石畳は、一時、通行規制が布かれていました。すると鏑流馬馬場の辺りから綿帽子の花嫁の一行が現れ出で、参道に差し掛かりました。そして石畳の中央を雅楽体の先導に従い、しゃなりしゃなりと舞殿へ向け行進して行きました。どうやら鶴岡八幡宮で結婚式が行われるようでした。

DSCF0044[1].JPG
八幡宮参道、正面下・舞殿と上・本宮
舞殿の前の白装束の人が神官、参道右に並ぶのが雅楽隊、制帽頭の人が通行規制をした警備員。流鏑馬馬場から歩み寄る花嫁花婿の行列を待ち構えております。

神官と雅楽隊
花嫁花婿の一行が到着次第、整列して舞殿へ向かいます。

DSCF0048[1].JPG
雅楽隊を先頭に皆整列して舞殿へ向かっています。その時既に音曲は開始されていました。笙(しょう)や竜笛(りゅうてき)、篳篥(ひちりき)などが使われていたようです。雅な音色が境内を巡りました。
posted by 三上和伸 at 14:30| 日本の景色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする