2019年01月07日

私の歳時記 今日は七草、人日の節句 2019.01.07

七草粥
ナッチャンが作った赤かぶ漬けもあります。

人日の節句も七草粥も中国から伝わった風習です。

中国では、正月元旦から6日まで、動物に当て嵌めた占いが行われていたそうです。元日は鶏、2日は犬、3日は羊、4日は豚、5日は牛、6日が馬、そして7日は人間を占っていました。従って7日は人を占う日、人日としたそうです。それぞれの日に当たっている動物を大切にし、殺さないようにしたそうです。人日の日では、犯罪者さえ殺さなかったそうです。平安時代に伝わり、江戸時代には五節句の内一番の1月7日を人日の節句と定めたそうです。

中国では、正月7日に邪気を祓って1年の無病息災を願い、7種類の野菜を入れた粥を食べる習慣がありました。その一方、日本では年の初めに若菜摘みの習慣があり、中国の粥を真似て、若菜七草を入れた粥を食べるようになりました。正月7日に七草粥を食べる事が江戸幕府の恒例となり、この日を七草と呼ぶようになりました。

とは言ってもこれは旧暦の正月の7日の話です。立春頃には若菜が萌え始めます。

日本の七草 セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ、春の七草
posted by 三上和伸 at 08:55| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする