2019年01月19日

東京漫歩 谷中七福神巡り・森鴎外旧宅跡 2019.01.06

池之端の通りを不忍池に沿って辿れば直ぐに水月ホテル鴎外荘が出てきます。ここは文豪・森鴎外が一時住んだ場所で、ホテルの敷地内には鴎外の旧宅が保存されているそうです。流石に東京の文京区域、様々な著名人の縁の場所が現れて来ます。

「舞姫」を執筆した家だそうで、長男が生まれたのですが、直ぐに夫人と離婚しています。留学先のドイツの舞姫が「追っ掛け」となって日本に舞い込んだとか、芸術とプライバシーは表裏一体のものですね。表現には覚悟が必要でした。
posted by 三上和伸 at 20:12| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする