2019年02月22日

一日の初めに 有料ホーム仮押さえと病院最終面談 2019.02.22

ほぼ退院の日時が決まった母、その母の今後をどうするのか、ソーシャル・ワーカーの情報を聞き、昨日有料老人ホームを仮契約してきました。但し大変高額な料金、そのままずっとこの有料ホームでの生活は、老後の母には良いけれど、私達の経済力が持ちません。取りあえず、何処も行く当てがなくては大変な事になりますので、有料老人ホームを仮押さえしました。

そして今日、病院側との最終面談があります。今の母の病状と今後の障害を持つ母の身の振り方、要介護認定の増進と最良の居場所の選択方法などを聞き、指南して頂きたいと思っています。それに独身で母と暮らし、母の遺族年金を当てにして生活してきた弟の扱い、これが最も困難な事例ですが、何とか説得して一人で生きて行く算段を付けさせたいと思っています。

今日は正念場です。
posted by 三上和伸 at 06:43| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする