2019年02月23日

一日の終わりに ブラ2を聴く喜び、今再び 2019.02.23

母の病の終わりとこれからの展望に、漸く目処が立ったので、私の心も余裕が出て来ました。こんな時聴きたい曲はブラームスのシンフォニーbQ。沸き立つリズムと優しい歌、武骨と優雅がせめぎ合う稀有な曲です。私は飛び切りの幸福感を持って聴いています。深夜ですからボリュームを抑えてネ…。滴る緑に碧い湖水、小鳥の囀りに涼やかな風の音、愛の想いが大自然に解けて行きます。1・2・3楽章から4楽章へ…、音楽は次第にギラギラと輝いて、フィナーレへと雪崩れ込んで行きます。最後は勝利のファンファーレ、否応なく私は爆発して、感動の坩堝に落ちるのです。

ジョン・バルビローリ指揮・ウィーンフィルハーモニー
posted by 三上和伸 at 22:42| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする