2019年04月08日

間奏曲 春ですねN 三溪園の草たち 2019.04.07

クサノオウ オオイヌノフグリ ムラサキケマン
クサノオウ      オオイヌノフグリ   ムラサキケマン 
タチツボサミレ 山吹 
タチツボスミレ    ヤマブキ
三溪園には門が二つ、正門と南門があります。マンダリン・ブラフが眼前に迫る豪快な景観を求めるなら、南門から入ると好いでしょう。嘗てここは本牧の海縁、昭和の半ば頃までは海水浴場でした。浜っ子の我妻は、ここで潮干狩りをしたとか…。何と60年前の事、幼稚園生だった幼子の妻はアサリを掘ったそうです。記憶力抜群、今のNちゃんみたいですね。海と山の風情を思い描きながら園路を進むと、桜の足元には春の草達が花開いていました。それは色取り取りで毒草も含み、個性極まる花達でした。

・クサノオウ
アヘンの代用品ともなった名うての毒草、強い鎮痛効果があるためガンの痛み止めとしても過去には使われました。名は草の王、あるいは瘡(クサ)の王と漢字が当てられました。瘡(クサ)は皮膚病の事、クサノオウは皮膚病の薬としても重用されました。

・ムラサキケマン
紫華鬘と書きます。華鬘(ケマン)とは仏堂を荘厳にする飾り物。金銅製や皮革製があります。唐草模様などを透かし彫りにしたもので、下縁に鈴などを垂らします。複雑な美しさを持つ草の葉が、この華鬘に似ているためにこの名になりました。

特異な生活史を持つ草で、春咲いた花が6月頃にタネが出来ます。それが年を越し翌年の春に発芽し、初夏まで生育しますが、地下に団子状の塊茎を残して地上部は枯れます。そして秋になると再び活動して葉を出し、年を越します。春に花茎を伸ばし、紫の筒状の花を咲かせます。

やはり毒草であり、全草にプロトピン(ベンジルイソキノリン系のアルカロイド)が含まれています。誤食すれば、嘔吐、呼吸麻痺、心臓麻痺を引き起こすそうです。
posted by 三上和伸 at 20:13| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする