2019年04月12日

終曲 總持寺@ 大祖堂の報恩大授戒会 2019.04.11

昨日は約20,000歩を歩いて、仏殿の巡礼を行いました。予め予定していたのは、鶴見の總持寺、弘明寺の弘明寺観音、富岡の富岡八幡宮、金沢文庫の称名寺でしたが、何せ母の面会までしたので大幅遅れ、曹洞宗大本山の總持寺と高野山真言宗の弘明寺観音までとなりました。

巨大な大伽藍・大祖堂 授戒会の告知板 
總持寺は福井の永平寺と並ぶ曹洞宗の大本山、その規模は永平寺に決して劣らない壮大なものがありました。但し、永平寺と異なっているのは、コンクリート造りの伽藍が多く、その古の古刹の佇まいはありませんでした。ガッカリでした。まあ、都会の大伽藍、致し方なかろうかとも…。

今月の十日から十七日まで、この大祖堂(開山堂と法堂を兼ねた本堂の客殿、各種の法要が行われる)で報恩大授戒会(ほうおんじゅかいえ)が行われていまして、この日もその儀式に立ち会えました。土間に観光客用の椅子が設えてあり、私たちは椅子に座って和みながらの参加となりました。行き成り雷のような大太鼓が打ち鳴らされ、驚愕の内にそれは始まりました。マイクは使っていますが、大導師(禅師)の戒(心身の過ちを犯さぬための”いましめ”)を授ける朗々たる読経(声)が圧巻であり、大伽藍に木霊し、厳かな法悦の気分にさせてくれました。好きですね読経、曹洞宗のお坊さんは上手です。


posted by 三上和伸 at 17:55| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする