2019年04月16日

間奏曲 春爛漫、もう直ぐ初夏@ ミツバツツジとシャクナゲ 2019.04.16

ミツバツツジ(三つ葉躑躅) シャクナゲ(石楠花)紅と淡紅
桜が終わると咲き始めるのがツツジ類、シャクナゲやミツバツツジなどが早く咲き出します。ツツジには多くの種類があり、つつじの他にシャクナゲ、サツキ、アザレア(西洋ツツジ)などがあります。色取り取りであり、紫系、紅系、薄紅、朱色、白など様々な色のツツジが野や山、そしてそれから品種改良された庭のツツジも豊富に出回っています。山桜が終われば山にはヤマツツジ、ミツバツツジなどが群れて咲きます。その美しさは庭のツツジの比ではありません。

写真のミツバツツジは母が入所している老健の庭に咲いたミツバツツジです。ミツバツツジは淡い紅紫色です。これほど鮮やかな紅紫はそうそうないですね。関東中部地方が生育地です。その群生地は桜に勝るとも劣らない、色鮮やかな花園を創生しています。

派手なシャクナゲは一般家庭の庭木が多いですね。花が一枝に固まって、立派なボリュームで咲きます。

ツツジの花言葉
全体では慎み、赤花は恋の喜び、白花は初恋です。私の印象では慎みは的外れ、恋の喜び、初恋は当て嵌まります。慎み深くなく、派手な花の部類です。
posted by 三上和伸 at 20:41| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする