2019年04月17日

間奏曲 春爛漫、もう直ぐ初夏C 我が庭の野草・ニリンソウとサクラソウ 2019.04.17 

ニリンソウ      サクラソウ
春の代表的な野生の花、ニリンソウとサクラソウ。昔、野の花に魅了された私は、機会あるごとに苗を手に入れました。勿論野生の株を引き抜いたりはせず、地方の山野草屋の売店などで仕入れました。この二つの花も十数年前に手に入れたものです。庭に植えてから今日まで、この二つの草は、十数年を生き抜いてきたのです。百は下らない苗を棟の北東に植えたのですが大半は消滅し、十数種類が生き延びております。生き延びているサクラソウとニリンソウ、毎年この時期に姿を見せてくれます。有り難いものです。

・ニリンソウ
一茎に二輪咲くからニリンソウと呼びます。反日陰位の湿潤の地が好みで、乾きやすい地には生育しません。泉の傍や川の畔などが適地と言えます。良く群生する草で、一面の白い花の褥(しとね、敷物)になります。葉も美しく、芳醇な佇まいを魅せます。

・サクラソウ
河川の氾濫原を好む草です。梅雨や野分の頃、川は氾濫を繰り返します。すると上流から土砂が流れて来て堆積します。サクラソウは当年の根よりも上に新芽が出来る性質を持ちます。ですから氾濫で新しい土が運ばれれば、芽が地上に晒されなくても済む訳です。サクラソウにとって都合が良いのです。鶏が先か卵が先か?、サクラソウはそんな川の氾濫原に適した身体作りをしてきたのでした。現代では河川の護岸整備が施され、氾濫原は減少しました。それによりこの草も減少し、絶滅が危惧されています。


posted by 三上和伸 at 19:33| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする