2019年05月18日

新とっておきの花 箱根湿生花園の花㉕ カキツバタ 2019.05.05

カキツバタ
アヤメ科アヤメ属の代表的な名花、最も古典的で、古から愛された花です。されどその名の由来は明確でなく、大方の想像では、「書付花」が語源と謂れています。古人の説を植物学者・牧野富太郎がカキツバタ一家言に以下のように記しています。この花を白衣に摺り付ければ美しい紫に染まり、その染色を古人は「書き付ける」と言ったそうです。従ってこのカキツバタは書き付けの花と言われるようになり、書付花、それが訛って、カキツバタの音になったのだそうです。カキツバタの語源は書付花が限りなく近いようです。

漢字名は杜若及び燕小花、これは完全な誤りのようです。杜若(とじゃく)とは藪茗荷(ツユクサ科・ヤブミョウガ)の事であり、燕子花はキンポウゲ科のヒエンソウの属名だそうです。アヤメ科の花は菖蒲にしろ杜若にしろ、適当で好い加減な名ばかりが目立ちます。花菖蒲は仕方ないとしても、アヤメは文目、カキツバタは書付花と表記して欲しいですね。
posted by 三上和伸 at 19:43| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする