2019年05月26日

新生き物大好き 上野動物園不忍池のモモイロペリカン 2019.05.24 

モモイロペリカン 餌をせがむモモイロペリカン 大口開け餌を待ち構える 鱈腹になり池へ移動
@モモイロペリカン A餌やりの飼育員 B大口を開けて餌を待つ C満腹、煩い鵜にウンザリ
上野不忍池は、寛永寺を建てた天海和尚が設えた琵琶湖を模した池(天然の池)。京(比叡山)・近江(琵琶湖)を江戸にも造ろうと言う和尚の願いが籠った大切な池でした。現在の不忍池は堤で三分割されており、北の動物園西園に鵜池、西にボート池、南東に蓮池が存在しています。

上野動物園の鵜池の領域ではモモイロペリカンが放鳥されています。

@この日は5羽がいて、丁度岸辺で餌やりをする飼育員を待ち侘びていました。可愛いでしょ、一寸顔や口笛でチョッカイを出しても平気の平左、落ち着いた優しい風情でした。

A餌(アジ)を携えた飼育員が到着。餌を投げ始めました。

B待ってましたと大口を開けて鯵を咥え、飲み込むモモイロペリカン。口は縦には広く開けるけれど、横は細いので、キャッチングは定かではありませんでした。ミスキャッチが続き、周りに控えし川鵜に横取りされていました。それでもモモイロペリカンは平和主義者で、奪われてもお構いなし、争い無しで、満腹になるとそそくさと池の中へ、風情あるお大臣の身のこなしでした。 
posted by 三上和伸 at 16:21| 新・生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする