2019年06月04日

東京漫歩 クリムトの「赤子(ゆりかご)」と「オイゲニア・プリマフェージの肖像」 2019.05.24

クリムトの赤子(ゆりかご) クリムトのオイゲニア・プリマフェージの肖像
赤子      オイゲニア・プリマフェージの肖像
布の風合いと色使い、クリムトのジャポニスムの影響が表れた作品です。赤子、ややグロテスクですが、重ねられた布の重さがこの赤子へ与えられた愛の量を暗示しているように思われます。貴婦人の肖像画、やや太目のふくよかな美人です。元は女優ですと。クリムトのパトロンの奥さんの肖像です。何と言う極彩色、衣装だけに留まらず、足元と部屋の壁、そして窓の外には薔薇園と雉?が、東洋のエキゾチシズム満載の華麗な絵画。これはこれで、好いですね。
posted by 三上和伸 at 21:58| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする