2019年06月07日

間奏曲 運転免許返納は国民の義務 2019.06.07

亡くなってはならない命が亡くなられています。況して幼い命、若い命、大きな未来があった命なのに、老い先短い年寄りの身勝手な自動車運転で消えてしまいました。痛恨の極みです。

俳優の杉良太郎さん75歳がこの度、運転免許返納をされました。俳優さんですので見るからにお若いのですが、甘えを排し返納されました。利便と楽しみを捨てられたのですね。お見事でした。

一番事故が少ない年齢は40代・50代、私はもう直ぐ70代、68歳の今の私は安全運転をしていまして、不安はないのですが、突き詰めて反省を強いてみれば、エアーポケットのように、意識の薄い瞬間がありますね。慣例に流されて、通り慣れた方角へ向いてしまい、道を間違えることが偶にあります。これが加齢の意識低下現象なのでしょうか? 今特に意識している点はこの意識低下のエアーポケット回避と、横断歩道、交差点の前後左右の目視の徹底です。目をギョロつかせて、横断歩道・交差点を横切っています。

そしてもう一つ、絶対の冷静さを保つことです。熱くならないこと、パニックを起こさないこと、投げやりにならないこと。冷静に楽しくドライブを楽しめれば、まだ暫くはドライバーでいられるでしょう。

限度年齢は80歳でしょう。80歳全員廃止でも良いですが、70歳以上は新たな組織を作って徹底検査をするべきでしょう。身体能力、感覚能力、認知能力、厳しい試験をクリアーしたものだけが運転出来る、そんな社会にしたいですね。



posted by 三上和伸 at 22:27| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする