2019年06月11日

私の歳時記 今日は暦の上で入梅 2019.06.11

二十四節気や五節句以外の季節を知らせるための便宜上の暦日を雑節と言います。入梅も雑節に入る暦日で、芒種の6日後ぐらいに当たり、太陽の黄経が80度の時(日)を指します。

現代の実際の梅雨入りは、気象庁の発表により各地方が別日になる可能性がありますが、気象観測のなかった昔は、田植えの時期を計る目安として雑節・入梅が利用されてきました。この日から30日間(30日後が出梅)が暦上の梅雨の期間です。

日本の梅雨(ばいう)は中国の梅雨(めいゆ)が伝わったものです。黴(かび)の雨と書いて黴雨(ばいう)と言う、言い方もあるそうです。

今日は雨が上がりましたが、暫く雨の季節が続きます。旨い米が出来るのを願って、梅雨の季節を乗り切りましょう。雨の日は窓を閉め、梅雨の晴れ間は、窓を開け換気を良くしましょう。黴を生やさぬコツです。

入梅鰯と言う言葉もあって、この頃の鰯は産卵前で、一年で一番脂が乗った時期だそうです。特別のご馳走だったようです。

参考:日本の行事・暦
posted by 三上和伸 at 07:47| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする