2019年06月11日

新とっておきの花 梅雨B アジサイとアカンサス 2019.06.11

アジサイとアカンサス
紫陽花とアカンサス、梅雨の花の定番ですね。

幕末のシーボルトに、日本のローズと言わしめた紫陽花。自らの日本人妻・お滝の名をもじってオタクサと名付けました。これには植物学者から異論・反論・オブジェクションが殺到したそうですが…。さだまさしは「紫陽花の詩」で、このオタクサを使っていました。洒落た長崎のコマーシャルソングでしたが…

アカンサスは公園などに、時々植わっているのを見掛けます。花は兎も角、常緑の葉が素晴らしいのですね。古代ギリシャ以来建築や内装、絨毯などのデザインのモチーフにされました。日本の車・日産シーマのエンブレムにも使われたそうです。
posted by 三上和伸 at 21:24| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする